腰痛コルセットを効果的にするための正しい巻き方は?

2017年11月28日 コルセット

dokogaitai

腰痛を緩和するためのグッズはいろいろなものが開発されていますが、代表的なものは腰痛ベルトと腰痛コルセットでしょう。腰痛ベルトについてはこちらでも詳しく書いていますので、ぜひ参考にされてください。

 

今回は腰痛コルセットについて、効果的な巻き方のコツなども合わせて紹介していきたいと思います。

               

腰痛ベルトと腰痛コルセットの違いとは?

ここでみなさん疑問に思われるのが、腰痛ベルトと腰痛コルセットの違いかもしれませんね。一般的に腰痛ベルトと呼ばれるものは、ワンタッチでマジックテープなどで留められるシンプルな形状のもの、もしくは生ゴムベルトのようなものをイメージされると思います。

一方、腰痛コルセットというと、それよりも強力で、硬く固定されるイメージがあるのではないでしょうか。症状が重度の方がするような、着け外しにも手間のかかる物々しいもの。幅が広く、硬質プラスチックが入っていたり、ひもで縛るものを指すことが多いようです。

しかし、実は売り手も買い手も、ベルトとコルセットにそこまでの明確な境界線をつけられていません。中にはベルトでもコルセットでもなく、「腰痛バンド」と名付けられているものもあります。

ただ、やはり腰痛コルセットというとより固定力の強いものを指すことが多く、伸縮するところとしないところがあります。価格面でも、腰痛ベルトより高価なものが多いと思います。

腰痛コルセットの巻き方で気をつけることは?

腰痛コルセットのほうが腰痛ベルトよりも幅があるので、圧力が均等にかかるように気をつける必要がありますが、巻き方として大きな違いはありません。ただ、位置としてはウエストからバストにかけて巻くのではなく、ウエストからヒップにかけて巻くのが正解。位置が高すぎるとろっ骨を固定してしまうので、使い心地も悪くなってしまいます。

基本的には、背骨を中心に川の字になるような形で、ぴったりと面を合わせて巻いていきます。腰痛コルセットには伸びるところと伸びないところがあるので、伸びない部分を中心にして、伸縮する部分には左右均等に張力がかかるように気をつけましょう。

また、腰痛コルセットはお腹をへこませた状態で巻くのもポイントです。腹式呼吸なら息を吐いた状態、胸式呼吸なら吸ったとき、お腹がへこんだ状態で巻きます。そうすればお腹がふくらんだときに張りが出て、より固定されるわけです。逆にお腹をふくらませた状態で巻いてしまうと、お腹がへこんだときにゆるくなり、腰痛コルセットの位置がずれてしまう原因となります。

座った状態でもお腹が出てしまうので、立った状態か、もしくは寝た状態の体がまっすぐになっているところで巻きましょう。膝立ちの状態でも、腰はまっすぐになっているので巻き方としては問題ありません。

サイズを選ぶときは、その商品によって付ける場所も違うので、体のどこを測るのか基準が設けられていると思います。きちんと採寸する場所を確認してから腰痛コルセットを購入するようにしましょう。

食事をするとき、腰痛コルセットは外してもいい?

腰痛ベルトと同様、腰痛コルセットは腰を固定して痛みを軽減するために装着するものです。なので、腰にあまり負担がかからない状態のときには無理につける必要はありません。たとえば寝ているときや簡単な家事をしているときなどは外してもOKです。

ぎっくり腰などは非常に痛みが強いので、寝返りを打つのも辛いと思います。そんなときは、付けたままのほうが良いときもあります。ちなみにぎっくり腰は、ある日突然に重たいものを持とうとしてなるものではありません。日々の疲労の蓄積が、ほんの些細なことをきっかけに発症するもので、捻挫と言う先生もいれば、筋肉の損傷と言う先生もいます。

一方、長時間立つときや、座ったままの同じ態勢が続くようなときには腰痛コルセットを付けておいたほうが良いでしょう。ただし、食事の場合はそこまでの長時間には当たらないので、食べるときに苦しければ緩めても大丈夫です。

まとめ

腰痛ベルトよりも幅が広く、強く固定されるものが多い腰痛コルセット。巻き方としては、まっすぐ立つか、まっすぐ寝て、お腹をへっこませた状態で巻くとしっかり固定できます。お腹が出た状態や、座った状態などで巻いてしまうと、お腹がへこんだときにゆるんでずれてしまう可能性があるので気をつけましょう。

また、腰痛の原因としては最悪の場合、腰まわりにできた悪性腫瘍によるものの場合もあります。腰痛コルセットや腰痛マットなどで安易に痛みを緩和してしまい、発見を遅らせるようなことがないよう、痛みがひどい方は一度専門家に診てもらって早期に対処することをおすすめします。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP