腰痛を緩和するストレッチとは?

2018年10月19日 腰痛グッズ

kanwa

腰痛のある人がその痛みを和らげるためにストレッチを考える場合、具体的にどのようなことを、どれくらいの頻度や強さでした方がいいかについては悩みます。かえって悪化するようなことにならないよう、またしっかり効果が出るようなストレッチをしたいですから。

ここでは、ストレッチをしていくときに注意することを中心に、腰痛を緩和するためのストレッチについてお伝えします。

ストレッチをしてもいいとき、してはいけないとき

痛みの強いときにはしない

動くだけで痛みが伴うときには、ストレッチをしてもいいタイミングではありません。痛みの種類にもよりますが、たとえば筋肉の組織が傷んでいて、束のようになっている筋肉の繊維が、例えば100本ある束の1本や2本が断裂しているとかの場合、ストレッチすることによってさらに痛んで切れるといい悪化を招かないよう、しない方がいいということです。

別の病気が原因でないとはっきりしている場合にする

腫瘍がある、泌尿器系の結石があるとかの理由で腰痛が起こっている場合は、ストレッチよりも専門医の治療という領域になっていくので、ストレッチをする場合は専門医の判断のもとにします。

自己判断でのストレッチはそういった病気による腰痛ではないとはっきりしている場合にしてください。

ストレッチのしかた

腰痛の場合、腰そのものをストレッチするのか、腰につながるそれ以外の部分をストレッチによって鍛えるのかによってストレッチの方法は違ってきますが、ここでは腰そのものへのストレッチについて説明します。

腰を丸めるストレッチ

仰向けになって、両膝を抱えて、腰を丸めていく。つまり体操座りを寝転んでやるイメージです。

正座した状態から身体を前に倒して土下座するようにして身体を丸める状態です。

腰をそらすストレッチ

腕立て伏せで、腕をピンと伸ばした状態で、お尻と腰だけを下に沈めていって、腰を反らせます。

枕を腰の部分に当てて、仰向けで腰を反らしていきます。

腰を左右にひねるストレッチ

寝ている状態で、両膝を立てて左右にバタンバタンと倒して腰をひねります。

腰痛のためのストレッチは予防を意識する

痛みがある状態で無理するということは、筋肉の痛みがある場合でいえば、断裂しかかっているものをさらに引っ張ることになり、10本だった断裂が20本、30本とちぎれていくということです。ですからストレッチの目的はあくまで引っ張っても耐えられるような筋肉を作っていくためということになります。

そういう意味では予防に近いイメージとなります。

腰痛のためのストレッチはをほどほどに継続的にする

痛みがなくストレッチをしていくときには、無理のない負荷でできれば毎日継続していくことが大切です。そのためにも改まってする形ではなく、いつもすることのついでにセットしてするとよいです。

例えば、お風呂に入って座ったときに湯舟で必ず腰を丸めるとか、寝る前に枕を見たらそれを腰の下に入れてそらせることを関連づけるとかになります。頭で考えなくても自然に思い出してやれるものもおすすめです。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP