腰痛対策にマットレスを選ぶなら、どんなタイプ?

2017年10月20日 腰痛グッズ

mattoresu

腰痛に悩んでいる方の中には、寝るときのマットレスにこだわってみようと考える方も多いようです。ぐっすり寝たのに、寝起きから腰痛がひどいと「寝方が悪いのかな?」「マットレスの問題かな?」と心配になりますよね。そんな方のために、腰痛対策マットレスの選び方や注意点についてまとめたいと思います。

目次

寝ているときに腰が痛くなる一番の原因は?

腰痛対策としてエクササイズやストレッチをするのも良い方法ですが、何よりも寝ている間の問題が大きいことがあります。私たちは一日の3分の1くらいは寝ているわけですから、その間の過ごし方が大切じゃないわけがありませんよね。

では就寝時に腰痛をひどくしている人には、どのような問題点があるのでしょう。実は最も重要なのは、「寝返り」がきちんとうてるかどうかにあります。たとえば8時間寝ている間にずっと寝返りをしなかったら、体はその8時間ずっと固まったままの状態ということになりますよね。そんなに長い間固まったままでは、体も冷えてしまいます。起きた瞬間に腰がボキッとなって、「イタタタ!」と悲鳴を上げることにもなりかねません。

腰痛を緩和するためにマットレスを選ぼうと考えているなら、この「寝返り」がうちやすいかどうかが対策としてとても重要になってくるわけです。横向きに寝ると片側の肩や骨盤、脚などが圧迫されるので、基本はあお向けがベスト。そこから左右に寝返りが打ちやすいようなスペースが必要になってきます。

腰痛グッズとして選ぶべきマットレスとは

マットレスにも数千円のものから数十万円のものなど値段の幅があり、どんな素材なのか、また折りたためるのかどうかなど、さまざまな種類があります。でも、腰痛対策でマットレスを選ぶなら、まずはシンプルに次に挙げる2つの観点で考えてみましょう。

1.心地いいもの


実際に横たわってすぐに「気持ちいい!」とわかるマットレスの多くは、こちらのタイプ。柔らかい傾向があります。

2.健康に良いもの


腰痛対策としては、こちらのタイプがおすすめ。ある程度の硬さがあり、気持ちよさがすぐにはわからない傾向があります。

 

柔らかいマットレスは心地いいのですが、安定感がなく、体が沈み込んでしまいます。寝返りというのは足でけったり腕で押したりしてするものですが、それが柔らかいマットレスだと、ちょうどぬかるみに足を取られたような状態に。寝返りがうちにくくなってしまうのです。

また、多くの人は動き方のクセなどによって体に歪みが出がち。柔らかいマットレスだと、それがそのままの形で沈んでしまうことになります。一方で、硬さのあるマットレスだと最初は少し抵抗を感じるかもしれませんが、日中に歪んでしまった体が伸ばされて、寝ている間にリセットしやすいという利点があります。

極端なことを言えば、下手に柔らかいマットレスに寝るくらいなら、腰痛の方にとってはせんべい布団のほうが良いということになります。そういう意味では「マットレスを買わない」という選択肢だってあるでしょう。でも、ある程度は寝心地が良く、健康にも良いものという観点で間に挟むとしたら、腰痛の専門家としては低反発のものよりも高反発の硬さがあるマットレスを選ぶことをおすすめします。

年配の方の場合は、ただの腰痛ではないことも!

腰痛の原因はいろいろありますが、年配の方で腰が曲がってしまっている場合の腰痛は一緒くたに考えない方が良いでしょう。そうした場合、骨がもろくなっていて尻もちをついた拍子などに圧迫骨折をしていることがあるからです。

背骨はちょうど缶詰が積み重なったような形で伸びているのですが、その1つ1つの缶詰の前面がひしゃげてしまって、上半身が前に傾いてしまっているのです。そのような圧迫骨折を起こしている場合、マットレスに無理に仰向けになってまっすぐ寝ようとすると苦しいかもしれません。

ただ、横向きになっても前述の通り肩などの片側が圧迫されてしまうので、基本はあお向けに。枕を高くするなどして無理のないようにサポートしてあげることが大切です。

まとめ

腰痛対策としてマットレスを選ぶなら、「寝返り」がしやすいかどうかという観点で考えましょう。柔らかいタイプのものは横になると心地いいですが、寝返りの観点からするとNG。硬さのある高反発マットレスを選ぶことで、寝返りも打ちやすくなります。

寝るときは、腰痛を防ぐ意味でも横向きやうつ伏せではなく、あお向けに寝るのが基本です。そこから左右に寝返りがうてる状況にしておくこと。また圧迫骨折している可能性のある腰が曲がった年配の方の場合は、あお向けに寝ながら枕を高くするなどしてしっかりサポートするようにしてください。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP