腰痛軽減のために知っておきたい「正しい椅子の座り方」

2018年05月08日 椅子

tadashiiisunosuwarikata-1

普段の生活の中で、特にお仕事でデスクワークが中心の方などは、座っている姿勢をとっている時間がどうしても多くなると思います。腰痛がある方は、椅子の高さや背もたれ、座面などの具合や、椅子への座り方が、腰の症状にどんな影響があるのか、気にされている方も多いのではないでしょうか。ここでは改めて、腰痛に悪影響を与えない「正しい椅子の座り方」についてお話ししたいと思います。

               

「お腹と机の間に拳1つ分の空間があるほうが良い」は本当?

腰痛とは無関係だった子供の頃、座り方として「お腹と机の間に拳1つ分の空間」を作ると良いと指導された記憶がある方もいるのではないでしょうか。もしかすると、大人になってからもそれを意識されている方がいるかもしれませんね。

実はこの座り方は、成長期の子供に対してだからこその指導なのです。まず、「お腹と机の間に拳1つ分の空間」を意識すると、自然と姿勢が良くなりますよね。また、椅子の背もたれや机に体を預けないので、筋肉が鍛えられる側面もあります。

しかし、この座り方を大人がデスクワークの際にするのは、仕事中に筋トレをしているようなもの。余分な力が必要になってしまい、長時間過ごすのはなかなか辛いものがあると思います。特に腰痛に悩んでいる方は、かえって体に負担がかかるので、あまりおすすめできません。

「バランスボール」を椅子代わりに使うというのも、「お腹と机の間に拳1つ分の空間」と似たところがあります。どちらも筋肉を鍛えることはできますが、その分体には負担がかかります。仕事にも集中しづらいところがありますし、まして腰痛がある場合は悪化させる原因に。実践するとしても、まずは腰痛を軽減させてからトライするようにしましょう。

椅子に座る姿勢をサポートしてくれるクッションも

では腰痛対策の観点から考えたとき、椅子にはどのような座り方をするべきなのでしょうか。まず、椅子の高さは足の裏全体が床につく高さがベスト。ひざ下の高さくらいの位置で座ることができれば、ちょうど腰が直角になり、ひざが直角になり、足首も直角に曲がった姿勢になると思います。これが理想的な座り方です。

さらに腰痛対策としては、腰に負担をかけずに安定感を持たせるため、お腹はデスクにつくくらい近づけ、背もたれとデスクに体が挟まれるような状態にすると良いでしょう。これは腰痛のない方なら特に意識する必要のないことですが、腰痛のサポートとしては効果的です。また、オフィスの椅子が高くて床に足がつかないという方は、下に足がのせられる台などを置くことをおすすめします。

自分では自由に選べないオフィスの椅子の場合、座面の奥行があって背もたれに背中がつきにくいということもあるかもしれませんね。そうした場合、背もたれと背中の間に差し込んで姿勢が調整できる腰痛対策クッションなども市販されているので、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

腰痛対策クッションに関してはこちらでも詳しく書いていますので、ぜひ参考にされてください。
[blogcard url="https://youtuu-hontoko.com/goods/office-kaiteki.html" content="長時間ずっと座り続けていることによって発症する腰痛があります。座るというのは一見立っているよりも楽そうですが、実は直立二足歩行の人間にとっては腰痛が出るほど負担が大きい姿勢なのです。本来は1時間おきに立って体を動かすなど、何か対策ができると良いのですが、オフィスワーカーの方などは難しいところですよね。そこで腰痛対策として、座る姿勢をサポートしてくれるクッションを使うのもひとつの手です。"]

また、デスクワークの間は1時間に1回ほど立ったり歩いたりして、体勢を変えるように心がけることも大切です。

座椅子に長時間座る場合、気をつけるべきことは?

ご自宅で、「座椅子」に長時間座っている方もいるでしょうか。座椅子に座ると腰が丸くなるので、それだけで体に負担がかかる姿勢になってしまいます。腰痛に悩んでいる方には、あまりおすすめできない習慣でしょう。

ただ、床にそのまま直に座るよりは、座椅子を利用したほうが腰への負担は減ります。座椅子を利用する場合は、両足をピンと伸ばしたままの座り方では腰が丸くなって腰痛に悪いので、せめてあぐらをかくようにしてください。あぐらをかくと、腰が丸くなりにくくなります。

まとめ

子供の頃に指導された「お腹と机の間に拳1つ分の空間」を保つ座り方は、腰痛のある大人には「バランスボール」と同じように負担がかかります。腰痛軽減のためには、背もたれにも机にもつくくらい距離をせばめ、腰・ひざ・足首がちょうど直角になるような座り方ができるように椅子を調整しましょう。その際、腰痛対策のために開発された市販のクッションなどを利用するのも手です。また、腰痛の方が座椅子に座るのはあまりおすすめできませんが、その際はあぐらをかくようにすると、少しは腰への負担が軽減されます。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP